中国の頼れる集客パートナー!週刊日本語フリーペーパー「ジャピオン」を発行しています。

お客様の声② 中国語教室 美知文化教育

ジャピオンは一種の保険のようなもの
中国語教室 美知文化教育
教務管理担当  柳 麗梅

ここに出せば日本人が見る 繰り返し刷り込む安心感

Q.広告を出したきっかけは?

A.教室のすぐ近くの駅ビルで、よくジャピオンの置いてあるラックを見かけたと前任者から聞きました。まだ開講して間もない頃で、「ここに広告を出せば日本人によく見てもらえるだろうな」と思って、とりあえず試してみたそうです。

Q.ジャピオンの良さは?

A.「今週大きくする分、来週は小さくして費用を減らしましょう」というように、私たちの立場に立って考えてもらえるので、費用対効果が高いんですよ。デザイン力も高いですね。広告のデザインはかなり頻繁に変えてもらってるんですけど、毎回きちんと作ってくれてますよ。あと、週刊なので人の目に触れる回数が多いですよね。

営業マンが第三者のアドバイス 半分以上の生徒が広告見て来た

Q.営業マンの印象は?

A.ジャピオンの営業マンはただ広告を売るだけではなく、「こうしたら教室がもっと良くなる」と第三者の立場で見てもらえるのが助かります。こちらの考えをよく理解してくれるので、やりやすいですね。ぼんやりしたイメージを伝えると、ちゃんと形になって仕上がってきます。

Q.広告の効果は?

A.特に出し始めたころは、目に見えて生徒が増えました。今でも半分以上の生徒はジャピオンを見てうちに来てくれたようです。広告がなければ、これだけの生徒は集まらなかったんじゃないでしょうか。 ジャピオンの(日本人)営業マンは中国語の学習経験が豊富ですよね。なので、日本人学習者のつまづきやすいポイントや、指導方法など教室の運営面でも参考にさせて頂くこともあります。

Q.広告をやめようと思ったことは?

A.一時期、広告費用を工面するのが苦しい時期があって、やめようかとも思ったんです。でも問い合わせが減るのが不安で、結局は出し続けました。結果的には、それで生徒が途切れなかったですし、出し続ければ確実に知名度を上げられるのかなと思います。一種の保険のようなものですね。

ジャピオンが生徒との架け橋に良い授業だけでは人集まらない

Q.あなたにとってジャピオンとは?

A.右腕のようなものだと思っています。いくら良い授業を用意しても、それが生徒さんに届かなければ意味がないですから。ジャピオンには生徒さんとの架け橋みたいな役割をしてもらっています。

PAGETOP
Copyright © 上海天益成広告有限公司 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
* *